こんにちは!

美女と野ジュースダイエットアドバイザー ニーナです♪

 

5月☆

暑すぎず寒すぎず、運動するにはぴったりの季節がやってきましたね。

 

”運動をもう生活の一部分に取り入れている”という方や、

”気候がよくなってそろそろ運動でも始めたい”と思っておられる方もいるかもしれません。

 

あなたはどうですか?

 

運動…といってもいろいろありますよね。

そこで今日は身近な運動から、ダイエットに効果的な運動まで、

いくつかの運動の消費カロリーを調べてみました♪

 

運動別にカロリーの消費量をご紹介します!(※目安なので個人差があります。)

ウォーキング

気温も暖かくなり、ウォーキングをされている方をよく見かけるようになりましたね。

そんなウォーキングの消費カロリーですが、例としては、

◇普通に歩いて約160~200カロリー

◇早足で歩いて約260~320カロリー

これはあくまで1時間ほどウォーキングをした場合の目安で、個人差もあります。

 

他の運動に比べて1時間程度の消費カロリーは少ない方なので、

効率的にはあまり良くないのかもしれませんが、

ウォーキングを始めるには様々なメリットがあります。

 

ウォーキングは運動の中でも特に体への負担が少ないといわれているので、

幅広い年代の方に気に入られる運動となっています。

 

また“ 歩く ”という行為は普段からしているのでわざわざ時間を作らなくても、

通勤やお買い物など、日常生活の中で意識して行えばできるもの。

 

たとえば・・・

◎ いつも自転車で行くスーパーに歩いて行く

◎ 通勤または通学の手段を徒歩にする

◎ エレベーターやエスカレーターではなく階段を使う

など。

 

運動のために時間を作るのはハードルが高い…と思われる方にも、

生活の中に取り入れやすいものなので、長続きしそうですね♪

 

ジョギング

ジョギングとは、平均時速10㎞以下のスピードで走る運動のこと。

つまり、無理のないスピードで走ることをいい、ウォーキングとランニングの中間のことです。

 

消費カロリーの比較的多い運動の1つがジョギングになります。

体重にもよりますが、ゆっくり1時間ほど走って大体300~500カロリーほど。

全力疾走のような走り方ではなく、息が上がらない程度に走った場合の数字になります。

運動時間が同じであれば、ウォーキングのおよそ2倍ほどの効果がでるといわれています。

 

消費カロリーは多いほうではありますが、数日で体重を1Kg以上落とせるものではありません。

ゆっくり時間をかけて減らしていくのが正しいジョギングのやり方。

 

ちなみに1Kg体重を落とすのには約150kmは走らなくてはいけません。

1日で150km走ろうなんて無茶な事はせず、じっくり実践していきましょう。

 

ランニング

ランニングとは、ジョギングのスピードアップしたもののことを言います。

ランニングの消費カロリーは、ジョギングよりも気持ち消費が多いくらいだそうです。

 

では、ジョギングとランニングどちらが向いているかと言いますと、

スタミナがある方はランニングがオススメです。

逆にすぐ息切れをしてしまう方はジョギングから始めてスタミナをつけていくことが大事。

 

目標の体重がある方はそれを元に1日どれくらい走れば良いのかしっかり計画を立てて、

意識する事をオススメします。

 

自転車

通勤通学にも長時間自転車を使っている方も多いですよね。

では、自転車の消費カロリーはどれくらいになるでしょうか?

 

自転車は、漕ぐ速さや自転車の種類、タイヤの大きさなどが関係してきますので、

ハッキリとした数字が決まっていません。

 

ダイエット以外にも足を鍛えたりする効果があるので、

ご年配の方でも利用している方は多いです。

 

また、自転車は基本座って行うため、ひざなどに負担が少なく、

ひざや足腰が悪い人でも安心して行えます。

 

縄跳び

女性で縄跳びをする方はもしかすると少ないかもしれませんが…

縄跳びの消費カロリーは、回数や性別によってもバラつきがあるので、

ハッキリとした数字は出ていないようです。

 

ダイエットの効果は低く、大きな体重の変化を求める方にはあまり効果はありませんが、

下半身に負担がかかるので脚を細くしたいなどの部分痩せには効果的のようです。

 

 

…ほかにもあと4つの運動のカロリー消費量を例としてお伝えしたいのですが、

少し長くなってしまうのでまた次回お話ししたいと思います!

 

 

ぜひ楽しみにしていてくださいね。

 

以上ニーナでした♪